FC2ブログ
・RSS ・LOG IN
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
予定というのは常に狂うもの(言い訳)。
ロースクールって、



やること多すぎるんだーーーー!!!!!!!!!




レポートとかレポートとかレポートとかレポートとか予習とかぁぁぁぁあああ!!!!!






そんなわけで明日から憲法ほったらかして民訴はじめます………
スポンサーサイト
Taylor Swift “Mine”
I say “Can you Believe it”?
As we're lying on the couch
The moment I can see it
Yes, yes I can see it now



Do you remember we were sittin' there by the water?
You put your arm around me for the first time
You made a rebel of a careless man's careful daughter
You are the best thing that's ever been mine






by the watarといい、lying on the couchといい、
色々とかぶりまくっているのであったー


このPVなんかすごくいいよう。



The moment I can see it
Yes,yes I can see it now


さーて、勉強がんばるかな。
あさってまでに憲法を終わらせます。
2011/06/27
TR(0) | CM(0) | music | Page Top
生きにくい性格
色々と気にしすぎなんですよねぇわたし………







自分よ!!
やることやってから遊べ!!!!

逃げるな!!!!!



全優とるんじゃないのか!!!!!!
最近の体型
どうみても痩せた………




必要な脂肪だけがなくなった………………





勉強に集中するようになると、ご飯食べるのがめんどくさくなってよくないですね。

友達とご飯パーティーしようかなー(´・ω・`)
2011/06/26
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
心が洗われる映画『星守る犬』
日常の日々に疲れた皆さん、ロースクールで荒んだ生活を送る皆さんにぜひお勧めしたい映画です
 
 
『星守る犬』
 
 
 
 
悲しくて、悲しくて、
涙が止まらなくて、
 
でも、あったかくて、あったかくて、
終わったあとに『何か』が残る映画です。
 
 
特に、わんこ飼ってる人は絶対に泣くに違いない
 
 
 
友達と観に行ったのですが、去年亡くした実家の犬を思い出した私はずっと泣いてしまいました
 
 
 
その友達と映画について話をしてみたら、
全く同じ感想を抱いていて、
 
それがなんだかとてもうれしくて、
ずーっと語りこんでしまったのでした。
 
 
やっと見つけた。
 
この苦しいロー生活の中で、私の気持ちを、同じ土台から見ることができる人。
2011/06/26
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
RJO

R レポート
J 地獄が
O 終わったので…………
 
 
 
こんな夜中にゼリー食べちゃう
 
 
 
 
 
さっきコンビニで買ってきた
 
 
 
 
気合い入れすぎて超ビッグサイズを購入してしまったけど
 
 
 
 
ふ、ふとる………?
 
 
 
いや、レポートで脳みそ使ったから大丈夫なはずだ
 
 
 
 
そんなわけで、いただきまーーーす
2011/06/21
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
FCブログにまだ慣れないなう
テンプレート設定してみたなう。




超かわいいこれww


キャラ違いすぎだけどwwww




知り合いにばれたら絶対に笑われるなこれ…
2011/06/20
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
憲法 投票価値の平等(論証)
第1 問題提起

本件定数配分によって、~選挙区に居住している者と、~選挙区に居住している者との間で、抽象的に認められている議員の選出能力について格差が生じている(たとえば、東京都の人口は1300万人、鳥取県は60万人であるから、どちらにも2議席配分するとなれば、投票価値の差が20対1もの開きを見せる可能性がある)。これは、居住場所という範疇に基づく区別である。そこで、本件定数配分規定は、各選挙区の有権者に対して抽象的に認められている議員の選出能力の平等(=各投票が選挙の結果に及ぼす影響力の平等ではない!)、すなわち投票価値の平等を侵害し、違憲ではないか。


第2 合憲性の判断

1 保障範囲
そもそも、投票価値の平等が憲法上保障されているか。
(選挙権について規定した憲法15条1項、同3項、44条但書の文言上は、単に選挙人資格における差別禁止が定められているにすぎない。しかし、元来選挙権が、国民の国政への参加の機会を保障する基本的権利であり、議会制民主主義の根幹をなすものとして重要であることにかんがみると、←国会ね。)憲法14条1項に定める法の下の平等は、選挙権に関しても、国民はすべて政治的価値において平等であるべきであるとする徹底した平等化を志向するものであるといえ、選挙権の内容、すなわち各選挙人の投票の価値もまた、憲法の要求するところであると考えられる。よって、憲法14条1項によって保障されていると解する。(最判平成元年12月18日:地方議会議員選挙においても当てはまる。)


2 違憲審査
もっとも、憲法14条1項の「平等」とは、同一事情・同一条件の下では同一に取り扱うという相対的平等を意味し、合理的区別は許容されると解されている。では、どの程度の不均衡があれば、不合理な差別として投票価値の平等が侵害されていると解すべきか。

(1) 投票価値は、選挙制度の仕組みと密接に関連するところ、その選挙制度の仕組みの具体的決定は、国会が、国民の利害や意見が公正かつ効果的に国政の運営に反映されること(や、政治の安定の要請)を目標として、行政区画、交通事情、地理的状況、人口変動、人口密度等の諸般の事情を考慮して行わなければならない(43条2項、47条参照)。
しかし、法の下の平等が具体化された投票価値の平等は、議会制民主主義の根幹をなす選挙権に密接に関連するものであり、重要な「人権」である以上(「人権」は「制度」に優先する)、これに違反しない範囲内で(「公正かつ効果的な代表」という上記目標を実現するために)諸般の事情を考慮するべきである(最高裁のように、考慮要素の一つとは考えない)。もっとも、国会によってこのような事情について技術的・政治的判断が行われるのであるから、司法権がそのような裁量の枠内に逐一立ち入ることは適切でない。
そこで、あくまでも投票価値の差は1対1を理念とすべきであるが、一定の格差は許容されるべきである。もっとも、投票価値に2倍以上の格差が生じると、複数投票を認めることと同じ結果になり、一人一票の原則に反するから、最大でも1対2が限界であって、それを超える格差が生じた場合には、それを正当化する事由の存在を審査する必要があると考える。

(2) ただし、法改正には相応の期間を要することから、かかる定数配分を定める法律を直ちに違憲とすることは妥当でない。そこで、人口の変動の状態を考慮して、是正に必要と思われる合理的期間を経過した場合に限り、違憲と判断すべきであると考える。


(3) 衆議院の特殊性からこの比率を変えることができるか(地域代表的性格を考慮することができるか)。
憲法は、衆議院が国民の意思を忠実に反映する機関であることを予定する一方、参議院は、安定的な政治運営がなされ、衆議院を抑制する機関であることを予定している(解散がない、半数改選など。45条、46条参照)。(そのため、衆議院に参議院よりも広い権限が与えられている(59条2項、60条、61条、67条2項、69条参照)。
しかし、投票価値を平等にして、民意を忠実にかつ平等に反映すべきであることにおいて参議院と衆議院で何ら異なるところはなく、人口比例以外の要素によって衆議院において投票価値の平等を後退させることは許されないというべきである。
したがって、衆議院議員選挙において、投票価値の平等を後退させる「地域代表的性格」を考慮することは許されないと考える。(衆議院よりも参議院において投票価値の平等を重視すべきという見解はない。)

しかし、前述したとおり、投票価値の平等という「人権」は、二院制という憲法上の「制度」に優先する以上、参議院であるということは投票価値の不均衡が許容される限度に格差を設ける理由とはならない。参議院も「全国民の代表」(43条1項)である参議院議員によって構成されている以上、参議院においてのみ地域代表的性格を重視するのは憲法に合致しない(憲法43条は、衆議院や参議院に全国民代表性を認めているのではなく、その構成員たる国会議員一人一人に認めている(全国民の代表である議員によって構成されるからこそ、国会も全国民の代表といわれるにすぎない)。個人に着目しているのである。)。やはり、参議院においても1対1が原則であり、1対2を超える場合にはもはや正当化の余地はないと考える。


(4)当てはめ
(ア) ※1対2をこえないなら違憲審査しない(裁量優先)。
本件では1対○の差が生じている→正当化する特段の事由が認められるか。

ここで、具体的な特段の事情を示す。

例:過疎地域への配慮
人口の少ない県に居住する住民の意思を十分国政に反映させる(都道府県代表的性格を認めること)
(一人別枠制の判決では、「人口の少ない地方における定数の急激な減少への配慮」というのも考慮された)

 ↓
「全国民の代表」を定める憲法43条1項に反しないか。
43条1項の趣旨を選出された後の国会議員の活動について、各々の選出母体からの拘束を受けることを禁ずることと考えるなら、議員定数の配分を都道府県に割り振る基準を規定しているものにすぎない本件制度は、何ら43条1項に違反しないようにも思われる。
しかし、本件制度は『都道府県代表的性格を持たせる(過疎であれば、過疎地域の意見を積極的に取り入れるべき)』という一定の価値判断に基づく割り振りが妥当かということが問題となる。都道府県代表的性格を持たせるべきかという問題は、そもそも議会によって議論されるべき問題である。議論形成の場である議会を、そのような価値判断が実現されるように設計することは、特定の方向に結論を誘導するものである。
「全国民代表」であることを要求している憲法43条は、「全国民代表は地域の利害を代弁すべきではない」との価値判断をも内包していると考えるべきである。

本件制度には、「特段の事情」は認められず、違憲状態が生じている。

(イ) 合理的期間の経過
※参議院の場合には、半数改選(憲法46条)の必要からくる技術的制約がかかる。


(5)結論
憲法14条1項に違反する。
2011/06/20
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
憲法。
気づけば、学校の定期試験まであと1か月に迫っておりました。



ヤヴァイであります。



非常に、ヤヴァイであります。





現在、学校のランクと成績からすると、がんばったら大手の弁護士事務所に手が届くくらい。


弁護士志望じゃないから、学校の成績なんてどうでもいいやーなんて思っていたのですが、


やっぱよくないですよね。笑




定期試験で、ごぼう抜きとまではいかなくても、

大幅に評定あげて、大手の内定が確実にもらえるレベルまではあげておきたいところ…



(1つ上の部活の先輩が、この時期にNAから内定出たらしく。
かなり刺激を受けたのであります。←わかりやすい人間だことww)



そんなわけで学校の成績をあげるための作戦を考えております。


とりあえず、憲法は、
授業で扱った課題について全部答案を書き、
先生に質問にいくなどして論理展開の矛盾などを直し、完璧な論証をつくりあげる。


今日中に試験範囲の半分については、終わらせたいところです。


ただいま議員定数不均衡。



がんばるぞーー。
2011/06/20
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
ウィーンから
旅行でウィーンにいる妹からメールがきました。


わたしが毎日えんやこーら勉強しているというのに、
ウィーンの街並みをエンジョイしているみたいです………




毎食ビールが出るらしい………


いいな…………





悔しいので、シャネルのチークと口紅をおねだりしておきました。
これくらい許されるはず!!!
判例六法
1.新司法試験の過去問を解く

2.出題された条文チェック(出題ポイント、文言)

3.判例チェック(判旨と結論):択一対策も兼ねて、色分け。

4.百選・重判・時の判例の判旨を読み込む。要件効果、重要文言をチェック。


択一:さらっと全部目を通す

論文:まとめノート+六法読み込み。条文操作や重要判例の要件を確認
2011/06/15
TR(0) | CM(0) | 勉強法総論 | Page Top
これからの勉強方針について
昨日学校で卒業生の先輩に会って、色々お話をしてきました。
悩みが晴れました。
周りは司法試験の択一や論文の対策をしていますが、
私は、学校の定期試験が終わるまでは司法試験のことは何もしましぇーん
やっぱり、もう1年切ってることを意識しはじめたみたいで、みーんな択一だの論文だのやってるので、
こっそり焦っていたのですが……
夏休みまでは、周りのことは気にせず、定期試験対策に全力を注ぎまーーす
いま択一をやって点数が上がったからといって、試験を受ける1年後まで絶対にキープできるわけじゃないしね。
あと、性格的に学校の勉強のことが気になって集中できないと思うしね……
たった1回の試験より、学校での普段の成績をあげておくほうが、就活にあたっては有利だしね
実は、今まで見ることを避けていた過去問(憲法のみ)を昨日やってみたのですが、
言っちゃあ何だけど、たいした知識は要求されていないんだねー。
ってことがわかりました。
もちろん重要判例は抑えておかないといけないけど、
問題の本質が何かを分析して、きちんと事実を評価して、論理の流れにのせて妥当な結論を導く能力が問われているのね。
普段、ものすごく難しい最新の学説についてウダウダ言うような授業を受けているから、
そんな感じなのかと思ってたけど、
全然違う〜!!!
もちろんそのためのトレーニングはしなきゃいけないけれど、
学校の勉強とは完全に別だから、
変に両立しようとしないほうがいいだろなー。
2011/06/14
TR(0) | CM(0) | 勉強法総論 | Page Top
携帯から投稿(実験)
成功した?!
 
 
 
ブログって、難しい…
2011/06/12
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
使い方が…
なにぶん機械とかダメなほうなので、

ブログの使い方がさっぱりわからない!!!!笑


プロフィール設定とか、
どうやるんだろう……(´・ω・`)
2011/06/12
TR(0) | CM(0) | 未分類 | Page Top
択一の結果通知
先輩方のもとへ、
司法試験の択一の結果通知が届き始めたそうです………



通称「赤紙」。



来年もわたしはこのドキドキを味わわねばならないのですね………


ちーん





わたしの性格的に、試験当日に自己採点しそうな気もしますけどね(笑)





ちなみに、大学入試のセンター試験のときは、

「だって、どきどきして落ち着かなかったんだもん」

という父によって、

私が2日目の試験を受けている間に勝手に採点されていました……………




私は8月までは司法試験対策をせずに、ローの成績を上げることに専念するというプランなので、

今の時点では択一対策も論文対策も全くしていませんが、
そんな状態で一体何点取れるのか、ちょっと知りたいかも……



時間ができたら今年の択一をやってみようかな(´∀`)
成長
いま、去年つくったノートを読み返しているのですが…


よ、読みにくい………


わたしの答案はよく「バカ丁寧」と評されるのですが、

その意味がよぉ~くわかりました……



不必要なことを書きすぎている。
本人としては石橋を叩いたつもりになっているが、
ただ「簡潔な論理展開ができておらず、いちいちまどろっこしい」だけ。


当時はまったく疑問に思っていなかったことにショック…


気付いたってことは、昔よりはマシになっているのだろうけど……


これは反省しないとなー。
初ブログ!!
ブログを始めてみたよ。

どきどき。



とある法科大学院に通う受験生です。

2012年の司法試験で上位合格をめざしています。



趣味は料理と手芸とフラワーアレンジ!


裁判官かつスーパー兼業主婦 になることが夢です(笑)



このブログは、2012年の9月に

「こう勉強したらこうなるのか…」

というメッセージを、自分と後輩の皆さまに発信するためのブログです。
(いい意味でも、悪い意味でもね。)



「こうしたら上位合格できるんだぁ~」ってなるように、がんばります。
2011/06/10
TR(0) | CM(0) | 自己紹介 | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。