・RSS ・LOG IN
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--
TB(-) | CM(-) | スポンサー広告 | Page Top
判例六法
1.新司法試験の過去問を解く

2.出題された条文チェック(出題ポイント、文言)

3.判例チェック(判旨と結論):択一対策も兼ねて、色分け。

4.百選・重判・時の判例の判旨を読み込む。要件効果、重要文言をチェック。


択一:さらっと全部目を通す

論文:まとめノート+六法読み込み。条文操作や重要判例の要件を確認
スポンサーサイト
2011/06/15
TR(0) | CM(0) | 勉強法総論 | Page Top
これからの勉強方針について
昨日学校で卒業生の先輩に会って、色々お話をしてきました。
悩みが晴れました。
周りは司法試験の択一や論文の対策をしていますが、
私は、学校の定期試験が終わるまでは司法試験のことは何もしましぇーん
やっぱり、もう1年切ってることを意識しはじめたみたいで、みーんな択一だの論文だのやってるので、
こっそり焦っていたのですが……
夏休みまでは、周りのことは気にせず、定期試験対策に全力を注ぎまーーす
いま択一をやって点数が上がったからといって、試験を受ける1年後まで絶対にキープできるわけじゃないしね。
あと、性格的に学校の勉強のことが気になって集中できないと思うしね……
たった1回の試験より、学校での普段の成績をあげておくほうが、就活にあたっては有利だしね
実は、今まで見ることを避けていた過去問(憲法のみ)を昨日やってみたのですが、
言っちゃあ何だけど、たいした知識は要求されていないんだねー。
ってことがわかりました。
もちろん重要判例は抑えておかないといけないけど、
問題の本質が何かを分析して、きちんと事実を評価して、論理の流れにのせて妥当な結論を導く能力が問われているのね。
普段、ものすごく難しい最新の学説についてウダウダ言うような授業を受けているから、
そんな感じなのかと思ってたけど、
全然違う〜!!!
もちろんそのためのトレーニングはしなきゃいけないけれど、
学校の勉強とは完全に別だから、
変に両立しようとしないほうがいいだろなー。
2011/06/14
TR(0) | CM(0) | 勉強法総論 | Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。